2010年03月11日

<日比谷線>事故から10年 関係者が冥福祈る(毎日新聞)

 乗客5人が死亡、64人が負傷した00年3月の営団地下鉄(現東京メトロ)日比谷線脱線・衝突事故から10年を迎えた8日、東京都目黒区の事故現場近くの慰霊碑で、犠牲者の友人や同社役員が冥福を祈った。午後には前原誠司国土交通相が慰霊に訪れる。

 東京メトロは梅崎寿社長など役員4人が訪れ、事故が起きた午前9時1分に黙とうし献花。梅崎社長は「深くおわびし、亡くなった方のご冥福をお祈りした。二度と事故を起こさぬよう、安全運行に全力を尽くしたい」と話した。

 東京メトロによると、昨年、治療を終えた重傷者1人と示談が成立し、補償交渉はすべて終えたという。

 碑には犠牲者の名前が刻まれているが、1遺族が拒否したために4人分。合同慰霊の形式はとっておらず、社員らが訪れては献花し、慰霊碑に手を合わせていた。

 事故は下り電車が中目黒駅到着直前に急カーブで脱線。同駅を出発してすれ違った上り電車の側面に衝突した。【平井桂月】

【関連ニュース】
地下鉄サリン事件:15年経てドラマ化 原田美枝子「被害者の苦しみ伝えたい」 フジテレビ
地下鉄サリン事件
特集:介護予防・認知症予防総合フェア いきいき老後へ、今やるべきこと(その2)

ミス福分け娘「亀戸大根どうぞ」(産経新聞)
女児虐待死、継母を傷害致死容疑で再逮捕「黙秘します」(産経新聞)
官房長官と沖縄県知事が電話会談 「陸上案」検討を否定(産経新聞)
外国たばこ、値上げ認可=財務省−マールボロ340円に(時事通信)
阿久根市長 「マスコミ入室している」議会出席を拒否(毎日新聞)
posted by ミウラ タダハル at 10:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

<がんを知るフォーラム>福岡では650人参加(毎日新聞)

 「がんを知る全国フォーラムin福岡」(毎日新聞社、アフラックなど主催)が6日、福岡市中央区のエルガーラホールで開かれ、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんと東大病院放射線科の中川恵一准教授が講演した。満員の参加者約650人が熱心に聴き入った。

 自らもがん患者の鳥越さんは「がんからあきらめない」と題して、闘病体験をユーモアを交えて講演。「がんから逃げたら怖くなる。向き合った方がいい」と語った。

 中川准教授は「早期がんは9割が治る。予防と早期の発見・治療が大切。そのためにがん検診を定期的に受けて」と訴えた。

【関連ニュース】
山本病院事件:不要ながん治療や検査繰り返す 死亡患者に
病気腎移植:臨床研究2例目の手術開始 宇和島徳洲会病院
子宮頸がん:ワクチン接種公費助成 仁科亜季子さんが訴え
慢性疾患:生涯ローン…7割が「医療費重い」 東大調査
がんを知るフォーラム:横浜で700人が参加

<EF510>JR旅客初の新型電気機関車を公開 寝台特急用(毎日新聞)
生き埋め 工事中1人死亡 岐阜・各務原 (毎日新聞)
10日に政治姿勢で集中審議=参院予算委(時事通信)
橋下知事、白鵬に優勝楯贈呈(産経新聞)
ケータイ派? パソコン派? 上手にこなす若い世代(産経新聞)
posted by ミウラ タダハル at 14:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

病腎移植、きょう臨床研究2例目実施 親族間移植は初(産経新聞)

 治療のために摘出した腎臓を修復し、ほかの腎臓病患者に移植する病腎(修復腎)移植で、徳洲会グループが3日に臨床研究の2例目となる移植手術を実施することが2日、関係者への取材で分かった。腎がん患者の妻から透析患者の夫への移植で、親族間移植は昨年12月の臨床研究再開以降初のケースとなる。移植手術は万波誠医師(69)の執刀で愛媛県宇和島市の宇和島徳洲会病院で実施される。

 関係者によると、2月に福岡県内の病院で診察を受けた50代女性が腎がんであることがわかり、全摘出が必要と診断された。50代の夫が慢性腎不全の透析患者だったことなどから、夫婦で病腎移植を希望したという。

 同病院からこの夫婦の紹介を受けた徳洲会グループでは、妻から夫への移植手術が可能かどうかを検討。その結果、妻の腎がんは直径4センチ以下で、腎臓を修復すれば移植できると判断したという。手術のリスク説明を受けた夫婦が移植に同意したため、親族間では初めてとなる臨床研究の実施を決めた。

 徳洲会グループは昨年12月30日に宇和島徳洲会病院で、臨床研究の1例目となる第三者間の病腎移植を実施している。

【関連記事】
73歳女性、病腎移植めぐり市を提訴
病腎訴訟で患者側「自家腎移植の件数開示を」 松山地裁
病腎移植再開 執刀医が記者会見 「捨てる腎臓の再利用であり、いいことだ」
病腎移植を再開、臨床研究1例目 宇和島徳洲会病院
病腎移植臨床研究、少なくとも5件実施 徳洲会グループが方針
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

外国人学校への助成、世界的に異例(産経新聞)
<4歳児衰弱死>市が対応協議中に死亡 埼玉・蕨(毎日新聞)
条項削除、前提にせず=教員の罰則適用検討で−川端文科相(時事通信)
裁判員裁判 「胸締め付けられる」無期判決の裁判員が吐露(毎日新聞)
関西初H&M、若者2500人行列 心斎橋にオープン (産経新聞)
posted by ミウラ タダハル at 03:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。