2010年04月20日

5月決着なければ退陣を=普天間移設問題で谷垣自民総裁(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は15日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、「鳩山由紀夫首相自身が5月末までに政府案を決め、現地(移設先)と米国側の了解も取ると明言してきた。解決しなければ当然退陣するべきだ」と強調した。
 また、ワシントンでの核安全保障サミットの際に正式な日米首脳会談が行われず、夕食会での非公式会談になったことについて「時間はわずか10分で実質的な話し合いはほとんどできてない。首相のアリバイづくりだ。米国から相手にされず、首相としての当事者能力を失っている」と批判した。 

【関連ニュース】
【特集】無人機プレデター&リーパー〜忍び寄る死神〜
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

<三浦和義さん>妻が産経などを提訴 名誉棄損で(毎日新聞)
NHKに「工藤会」名乗る抗議電話 警視庁が捜査(産経新聞)
コンテナをシャトルに収納=山崎さん、主要任務終了(時事通信)
政権公約「基本は変えぬ」=小沢民主幹事長(時事通信)
奈良の神鹿撃った男、動機は「肉で金もうけ」(読売新聞)
posted by ミウラ タダハル at 02:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。